エステダムの太陽光へのアプローチが他社と異なるのは、6つの強い信念があるからです。

私たちの哲学

エステダムの太陽光へのアプローチが他社と異なるのは、6つの強い信念があるからです。

太陽光を浴びすぎるのは危険ですが、まったく浴びないのも危険

太陽はその熱、光、ビタミンD合成によって生命にとって不可欠であり、さらには天然の抗うつ作用もあります。

肌を過度に保護するのではなく、太陽に適応させる

最高レベルのサンスクリーンを塗布して肌を過保護にすると肌の適応能力が奪われます。エステダムのサンケア製品は肌を再教育し、もともと備わっている自衛機能を増進することで肌を太陽に適応させます。

適度な日焼けは最良の肌保護

小麦色の日焼けは、天然の肌防衛システムです。日焼けを作るメラニンは、UVやフリーラジカルを吸収する非常に優れた機能を持つ色素です。

肌は小麦色に焼けることで自分を守る

日焼けは、太陽から肌を守るための自然な反応です。フォトセリュラーケアは、太陽光の悪影響をくいとめるために集中的に取り組むとともに、小麦色の日焼けがもっとも分かりやすい現象である肌の天然自衛能力を活性化します。

肌が太陽に敏感過ぎて日焼けは無理、と決めつける必要はない

私たちが蓄積した皮膚生物学の知識と経験により、極めて過敏な肌でも再教育し、太陽に対する反応を正常化し、太陽光への耐性を徐々に高めることが可能となりました。

SPFは指標として十分ではない

SPFは日射リスクを測るものですが、光老化や光敏感性のリスクは対象外です。フォトセリュラーケアは保護指数以上に肌を守り、光老化を予防し、炎症をコントロールし、肌の若さを追求する真の意味で革新的なサンケアです。

肌の4タイプ

耐性のある肌

短時間で小麦色に日焼けする。一般的にはマットな肌で、炎症のような日焼けになることは稀。

耐性はあるが敏感な肌

小麦色に焼ける前に炎症のような日焼けとなりがち。白い肌、もしくは乳白色の肌で、幼い子供のようにすぐに赤くなる。

不耐性の肌

太陽光にさらされるとすぐに異常な反応が出る:赤味、ヒリヒリ感、不快感。

他に原因があって機能が低下している肌

服薬、ホルモン治療、妊娠、傷、シミなどによって機能が低下している肌。

会員登録